看護師が企業内医務室で働くメリット・デメリット

看護師が企業内医務室で働くメリット・デメリット

 

看護師にとって、企業内医務室で働くことは憧れの一つでもありますよね!

 

看護師を続けていれば、ちょっと病院以外でも働いてみたい・・・だけど、施設とかクリニックとかはちょっと違うんだよね。

 

そんな時には、企業で働くということも一つの選択肢です!

 

看護師,企業内医務室

 

企業内医務室、企業内診療所、企業内健康管理室などで働く看護師のことを産業看護師と呼びます。

 

ここでは産業看護師の役割や仕事について、働くメリット・デメリットをまとめてみました。

 

企業内医務室での看護師の仕事ってどんなことするの?

 

産業看護師は、一般企業のいち従業員として所属することになります。

 

規模の大きい大企業を中心に、会社の中に医務室や診療所を設けています。

 

看護師はその中で常駐して勤務するというスタイルです。

 

病院やクリニックのように、患者さんが毎日何10人も来て・・・大忙し…ということではありません。

 

医務室や診療所に来るのは、その企業の従業員だけですから人数も少なくなります。

 

仕事中に気分が悪くなった人、なんらかのケガをしてしまった人のための応急処置をするための場所です。

 

企業内診療所の場合であれば、医師が常駐しているので基本的には看護師は医師の介助を行います。

 

看護師,企業内医務室

 

また、働く企業によっては、健康管理室としての役割を担っているところもあり、従業員のメンタルケアや健康面でのアドバイスを看護師が行っていることもあります。

 

最近では、一般企業でも若い人たちを中心に、過労やストレスによってうつ病などを患ってしまう人も多いので未然に防ぐことができるのがやりがいにつながりますよね。

 

 

企業内医務室・診療所・健康管理室で働くメリット・デメリット

 

では、産業看護師が企業で働くメリット・デメリットについて見ておきましょう。

 

メリット

  • 大手企業の従業員として働くので、比較的安定して働ける
  • 夜勤がない・残業もほとんどないので体力的に楽になる
  • すぐに命に関わるような仕事ではないため、精神的プレッシャーが少ない
  • 看護師として一般企業え働くことが可能

 

ほぼ毎日定時でしっかり上がられるところがほとんどなので、企業看護師ならワークライフバランスを考えて働きやすいですよね。

 

でも、産業看護師として医務室や診療所、健康管理室で働く場合メリットだけではありません。

 

デメリット

  • 病院で見に付けた看護術を忘れてしまいやすい
  • 給与は企業に準じたものになるため、賞与は企業の業績に左右される
  • 夜勤がないために、病院で働くよりも給与が劣る

 

必ずこうしたデメリットになる部分も踏まえた上で本当に働いてみたいかどうか考えてみてくださいね。

 

 

企業内医務室・診療所・健康管理室の求人の探し方

 

産業看護師としての求人って、なかなかハローワークでも見つけることはできません。

 

一番効率的に探すには、看護師の転職サイトを利用してみることです。

 

看護師,企業内医務室

 

でも、転職サイトはたくさんあるけどだからといってどこでもいいとは限りません!

 

看護師の転職サイトの中には、登録してみたものの「企業系求人は取り取り扱っていません・・・」と言われてしまうこともありますよ。

 

転職サイトによっては、企業系求人が集まりやすいところとそうではないところがあるので気を付けましょう。

 

必要であれば、

  • 通勤圏内で働ける医務室の求人を紹介してほしい
  • 〇〇会社の健康管理室では募集は出ていない?
  • 保健師資格はなくても働けるの?

こうした看護師の疑問や要望にもコンサルタントに答えてもらうこともできますよ。

 

企業系求人が集まる転職サイトはこちらにまとめています

 

看護師が企業内医務室で働くメリット・デメリット記事一覧

まだ経験が比較的浅い1年~3年以内の看護師は第二新卒の看護師という呼ばれ方をされるようになりましたね。昔は第二新卒という呼び方さえもありませんでしたが、今や第二新卒の看護師として転職する人も言葉があるように当たり前となりました。そんな第二新卒の看護師の中には、病院を離れて企業で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?特に、企業内医務室は看護師からは人気が高い職場ですから、もしかすると、あ...