看護師が「フルタイムのパート」で働くメリット・デメリットって?

看護師が「フルタイムのパート」で働くメリット・デメリットって?

 

看護師としてフルタイムのパートで働くかどうするか働き方で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

看護師,フルタイムのパート

 

特に、子育てをしながら働いている看護師にとっては、常勤で働くのかフルタイムのパートで働くのか悩みどころでもありますよね。

 

ここでは、看護師がフルタイムのパートとして働く場合のメリット・デメリットについて整理しておきましょう。

 

看護師がフルタイムのパートで働く場合のメリット

 

まず、フルタイムのパートとして働く場合のメリットですが

 

  • 常勤で働くよりも精神的に気楽に働くことができる
  • 職場によっては、パートという扱いなので家庭の事情で早めに帰ることができる
  • 時給で働いた分だけの給料がもらえる
  • パートでも賞与が出る職場もある
  • フルタイムなら扶養を超えるので働き損しない程度に働ける
  • 常勤よりも日勤のみで働ける職場の選択肢が増える

 

看護師がフルタイムのパートで働く場合のデメリット

 

一方、フルタイムのパートとして働くデメリットですが

 

  • 常勤に比べてかなり給料が下がってしまう
  • 賞与がもらえないことがほとんど
  • 職場によっては常勤と同じように働かされることもある
  • 職場によっては休みの都合を付けてもらえないこともある

 

以上のようなものがあります。

 

フルタイムのパートで働くなら・・・

 

フルタイムというと週にフルで常勤と同じように40時間以上働くのに、給料が少ない・・・、それなら、常勤で働く方がいいのかも?と思いたくもなることもあるかもしれません。

 

でも、今は医療機関でも院内保育などの施設を充実させている場合も多く、病院であれば常勤の場合は夜勤に入れる看護師しか募集していないといいうところも増えてきていて、なかなか看護師の日勤常勤の求人も少なくなってきているのが現状です。

 

一方、パートの場合は日勤のみで働きたい場合でも、日勤常勤に比べれば比較的条件に合ったところを見つけやすくなります。

 

日勤常勤の場合には、家庭を優先して土日になるべく休みを入れたい・・・、お迎えがあるのでなるべく早く17時半までには帰りたい・・・といった条件的な都合はつけてもらいにくいことがほとんどですが、パートの場合ならその点で都合をつけてもらえる可能性がありますよね。

 

給料面で考えれば圧倒的に常勤の方が優遇されますが、どうしても譲れない条件がある場合にはフルタイムのパート(=非常勤)で探す方が職場を見つけやすくなりますよ。

 

ただ、医療機関でよくありがちなのが、面接だけ話を合わせて、いざ入ってみたら人手不足でなかなか定時に上がれない・・・というような職場もあることです。

 

だからこそ、フルタイムのパートであっても気軽に考えて職場を選ぶのではなくて、事前に条件を提示した上で採用してもらえるような職場を探すことが大切ですよ。

 

フルタイムのパートとして働きたい看護師へ

 

看護師の転職サイトを使えば、医療機関とあなたとの間にコンサルタントが入ってくれるので事前に条件面でも話を付けてもらうといったことが可能です。

 

私も不妊治療をしていた時に、通院しながらでも働ける職場を探すのに転職サイトを利用したのですが、うまく都合に合わせて働ける職場を探してもらうことができました。

 

まずは、あなたがフルタイムで働きたいと思えるような条件に合った職場があるか探してみるようにしましょう。

 

看護師,フルタイムのパート

 

転職サイトに登録をしたからといって今すぐに転職しなければいけないということもありません。

 

まだ先の転職で考えていたり、良い職場があれば転職したいといった場合でも

  • 病棟勤務で遅くとも17時半には帰れる職場はある?
  • 土日休みで働けるフルタイムのパートを紹介してほしい・・・

というような疑問や要望にもコンサルタントが答えてくれますよ。

 

 

私が実際に利用した本命3つ!フルタイムパートの職場を転職サイトで探してみる