看護師がハローワークを利用するメリット・デメリット

看護師がハローワークを利用するメリット・デメリット

 

あなたは今でも転職時にハローワークを利用していますか?

 

看護師,ハローワーク,メリット,デメリット

 

私も以前は、転職時にハローワークを利用していたのですが、クリニックに転職した時に一度だけひどい目にあったのでそれ以来利用していません。

 

でも、実際に看護師が転職する時に利用することの多いハローワークですが、メリット・デメリットはあるのでしょうか?

 

私の経験をもとにまとめてみました。

 

看護師がハローワークを利用するメリットって?

 

失業保険の手続きと同時に求人を探せる

 

一度、退職をすれば失業給付を受けることができますが、その手続きをするためには自分の住んでいる地域にあるハローワークに行かなければいけません。

 

失業保険の認定を受けるために、認定日に何度か足を運ばなければいけなくなります。

 

そのついでにハローワークのパソコンを使って求人を探すことができます。

 

求人の情報量が多い

 

ハローワークでは、医療機関が無料で求人情報を掲載できます。

 

そのため、看護師を採用したいと考える医療機関はまずはハローワークに求人を出してみるというところも多いです。

 

 

看護師がハローワークを利用するデメリット

 

待ち時間が長い

 

ハローワークでは自分の受けたいと思う求人に応募をするまでに、一度、ハローワークの担当者を通さなければいけません。

 

そのために、ハローワークが混んでいる時には長い時間待たなければいけないこともあります。

 

忙しく時間がないという人にとってはあまりおすすめできません。

 

担当者の求人に対する理解度が低い

 

長い時間待った後に、ハローワークのおじさん担当者に質問をしたところで、あまり求人内容については理解していないことがほとんどです。

 

プリセプターはつけてもらえるんか?という質問でもプリセプターが何か分からないので話が通じなかったことがあります。

 

求人がほとんど同じ

 

医療機関が無料で求人情報を出せるとあって、いつも見ることの多い医療機関の求人情報ばかり出ています。

 

看護師を厳選して採用したいと考えている医療機関は、看護師の転職サイトに求人を出すことが多いのでハローワークではいつも同じような求人ばかりになってしまいます。

 

求人情報が見にくい

 

ハローワークの求人情報は条件などの文字情報だけなので、職場の雰囲気などはあまり分かりません。

 

看護師の転職サイトの方が写真があったり、残業が多いのか少ないのか、職場の雰囲気はどうのかといったことまで書かれていることがほとんどなので分かりやすいです。

 

 

 

ハローワークを利用するにあたってメリットもデメリットもありますが、私個人の意見としてはあまりオススメできません。

 

その理由としては、ハローワークの担当者が職場の情報を全く知らないからです。

 

  • 残業時間がどれくらいになるのか
  • 有給休暇の消化率
  • 研修や勉強会の頻度
  • 入院されている患者さんで多い病状
  • 症例の多いオペやオペ件数・・・

といった看護師が一番知りたい情報を教えてもらうことができません。

 

質問をしたところで求人情報の条件面での内容しか答えてもらえないので、あまり意味がないなという感じです。

 

昔、ハローワークを通してクリニックに転職をしたのですが、院長との関係が合わずすぐに辞めてしまったこともあります。

 

そうしたことからも私個人としては、看護師の転職サイトを利用する方が転職後のギャップが少ないと感じます。

 

看護師,ハローワーク,メリット,デメリット

 

看護師の転職サイトを利用すれば、知りたい情報を事前に教えてもらえるということが一番のメリットですね。

 

あなたはそれでもハローワークを選びますか?

 

 

看護師の転職サイトを利用してみたいという方のために、私が過去に利用してきて対応が良かったところをまとめてみました。

 

完全無料で登録からサポートまで受けられるので安心安全ですよ。

 

私の本命のサイトはこの3つ!看護師の転職サイトを見てみる